GT-R(R32/R33/R34)のチューニング専門店-ジーイング

GT-R(R32/R33/R34)のチューニング専門店-ジーイング

GT-R(R32/R33/R34)のチューニング専門店-ジーイング

Pick Up

REIMAX RB26用
ストリートカムシャフト

REIMAX RB26用  ストリートカムシャフト

純正タービンからN-1や GT-SSタービンまで、 幅広くカバー!

Nurエンジン分解の
詳細インプレッション

Nurエンジン分解の詳細インプレッション

バランス&重量合わせが、 これだけ出来れば凄い

特定商取引法に基づく表記

GT-R(R32/R33/R34)のチューニング専門店-ジーイング/お客様からのレポート

  • お名前

    S 様

  • 都道府県

    山形県

  • 施工車両

    BNR34

  • 仕様など

    MoTeCM600+Je-ST+REINIKカム

  • 施工メニュー

    MoTeC ECU

すんげぇ乗りやすいです!!

2018.12.24

約13年ぶりに車の仕様変更をし、先日納車されたのでレポートいたします。
但し、季節及び路面状況の関係で全開はしていませんので、高速道路を走行したレポートのみとなります。

まず仕様ですが、以前は手組エンジンに純正タービンとカム交換のブーストアップで制御はレイニックECUで行っておりました。

今回の仕様はJe-7STとGr.Aカム(272°)をモーテックで制御(ステップⅡ)する内容となります。他にもASNUインジェクターやボルテージアップなど細かく言えばいろいろ変わっております。

ジーイングから自宅までの約100キロの高速走行でのレポートとなりますが、高速巡航、これは簡単に言うと6速ホールドですべてが完結します。

私自身もびっくりしていますが、今までだと80キロ近辺まで車速が落ちてしまうと、5速に落として結構強くアクセルを踏み込まないといけなかったのが、6速のままでも少し踏み込んだだけで即座にエンジンが反応し、平坦な所はもちろんちょっとした登り坂でもスルスルと車速が上がっていきます。

その状態を維持していると、ふとメーターを見た時にはあっという間に予想を超えた速度に。そこが今までの自分の感覚との「ズレ」なんですね。自分の中ではこのくらい踏んでいればこのくらいの車速になるという今まで培った感覚があるのですが、このくらいの車速になるようにアクセルを踏んでいるつもりでも実際はそれ以上になってしまいます。前田さんからもモーテックはエンジンの雑味がなくなりエンジンが自分から回っていくような感覚と聞いていましたが、まさしくその言葉通りです。エンジンの応答性がまるっきり違います。そのため感覚の「ズレ」を修正するにはもう少し時間がいるかもしれません。

前田さんには申し訳ないですが、エンジンを組んでいただいた時よりも感動がすごいですよ!すんげぇ乗りやすいです!!
忘れるといけないので改めて言いますが、272°のカムとタービンが交換されてあってのこの状況です。これで以前の仕様よりはるかに乗りやすくなるなんて寝耳に水です。おそらく長距離の高速走行においてもシフトチェンジの回数は減り、アクセルを踏む力も軽減され、より快適なクルージングになることが容易に想像できます。

ここ6~7年は年間で1,000kmも走っていませんでしたが、今後は以前のようにいい意味での無駄走りが増えそうです。
春になったら全開も含め普段使いでのレポートも出来ればと思っております。この度はありがとうございました。

MoTeC ECUの詳細を見る




お問い合わせはコチラ